• 須賀建設イメージ1
  • 須賀建設イメージ2
  • 須賀建設イメージ3

気密の鬼は泣いている
性能が低い家が多すぎる

C値という言葉を聞いたことがありますか?実際に家を建てようと考え、色々調べ出しても、なかなかたどり着かない言葉かもしれません。
C値とは「相当隙間面積」のことで、簡単にいうとその家にどれだけ隙間があるかを数値に表したものです。この数値が大きいほど隙間だらけで、小さいほど隙間のない家です。
隙間が大きければ室内の温度が外に逃げ、外気が入り込み、とても快適とは言えません。高気密をうたっていても、C値を測定していなければ、それはただの机上の空論です。
ではなぜ、それほど重要なC値が表に出てこないのか?それは、高気密の家を造るのが難しいからです。大手ハウスメーカーでは、ほとんど達成できていません。その事は国が基準を撤廃した事に関係していると考えざるをえません。基準が無いからといって見た目は良いけれど壁の中は結露を起こし、寒くて暑い、身体に負担の多い住宅が建てられ続けても良いのでしょうか?これは本当に悲しい事実です。
隙間が少なければ冬暖かく夏涼しい、計画換気が有効に働くキレイな空気の快適で健康的な家に長く住む事ができます。そして、そんな家に住んで欲しいと気密の鬼は泣いているのです。
もし、家づくりで後悔したくいなければ、まずはC値を確認してみてください。そして最低1.0以下の家を建ててください。

MENU
2019年09月05日
C値がゼロに近い住宅ほど、スキマが少ない家となります。   そんな家は断熱効果を高め冬暖かく夏涼しく …続きを読む
2018年05月20日
6月3日(日)、クリナップ小山ショールームにて「家づくり相談会」を開催いたします。   ご予約なしで …続きを読む
2018年03月01日
3月11日(日)、クリナップ小山ショールームにて「失敗だらけの家づくり雑談会」を開催いたします。   …続きを読む