• 須賀建設イメージ1
  • 須賀建設イメージ2
  • 須賀建設イメージ3

2-気密のある家・ない家

気密がない家と気密がしっかり取れた家では、冷暖房効果が大きく異なります。

 

【気密がない家(低気密住宅)】

 

気密がない家は隙間が多い家になるため、外気が入り込みやすく、夏は暑く冬は寒く、また、汚れた空気や花粉なども入り込むため、あまり健康的とは言えません。

 

しかも壁体内結露が発生しやすく、家の痛む速度がとても早くなります。

 

エアコンもフル稼働となるため、コストもかさみます。

 

 

 

【気密が取れた家(高気密住宅)】

 

逆に気密がしっかりと取れた家は、外気をシャットアウトできるため、一度温められた(または冷やされた)空気が家の中にしっかりととどまるため、少ないエネルギーで長時間快適な室温を保つことができ経済的です。

 

また、壁体内結露も発生しにくく、家が長持ちします。

 

隙間が少ないため、花粉や汚れた空気なども入り込まず、とても健康的で快適な時間を過ごすことができます。

2020年05月20日
須賀建設は新築住宅で培った経験を生かした、一般住宅やマンションの一室のリフォームも得意としています。 &nbs …続きを読む
2020年03月02日
ご夫妻のこだわりがたっぷりと詰め込まれた、コンパクトながらも開放的な空間の家が完成しました。 詳細は下記よりご …続きを読む
2020年01月15日
C値がゼロに近い住宅ほど、スキマが少ない家となります。   そんな家は断熱効果を高め冬暖かく夏涼しく …続きを読む